エキゾチックな日本に足を踏み入れたことがないなら、パチンコはあなたにとって新たな言葉になるでしょう。しかし、あなたがその強制的な日本訪問に着手したとしましょう。

その場合、この言葉はあなたの頭の中で共鳴し、菓子屋のゲームから日本の巨大産業への進化の謎の代名詞であり、何億もの大人を魅了します。

同時に、パチンコ業界は年間2,000億ドルの収益を上げています。驚いた事実は、この数がラスベガスとマカオで毎年一緒に費やされた30倍以上に達するということです。

パチンコ店の唯一の存在は日本にあり、彼らのライフスタイルと文化の精神に食い込んでいます。これはGDPにも反映されており、4%がパチンコ店で構成されています。

しかし、ここでの適切な質問は、この90年の歴史を持つこの産業が日本だけでどうやって急成長するのかということです。これは、時代の変化に合わせて洗練され、最終的には日本文化の重要な側面であるという地位にまで高められた外国のゲームの秘話です。

パチンコとは?

パチンコ機は複雑なピンボールゲームで、遠くからその音が聞こえてきます。コンセプトは楽なもので、ボードにボールを投げる必要があり、ピンにぶつかると弾道が変わります。

ここでの決定要因は、ボールに加える力であり、目的は特定の報酬スポットに到達することです。

時代の変化とともに、パチンコは木製のゲームから金属製のボールとピンの展開に移行しました。現在、パチンコ機は統合されたゲームの活気を持っています。

シカゴから名古屋への旅

シカゴから名古屋への旅

1924年、コリントのバガテルゲームはシカゴから日本のエキゾチックな広がりに輸入されました。間もなく、このゲームは菓子店に受け入れられました。ここでは、子供たちがこのゲームをプレイし、報酬としてお気に入りのキャンディーのロックを解除しているのが見つかりました。

同時に、このゲームは、ゲームにふけるときに鳴る音の代名詞であるため、パチパチと呼ばれていました。

しかし、1930年に名古屋で最初のパチンコ店の記念碑的な瞬間が目撃されました。それ以来、日本は急成長する産業の証を持ち、最終的には1936年にその市場で驚異的なブームを目の当たりにしました。

このブームにより、6か月足らずで35のパーラーが誕生しました。しかし、これらのパーラーは、1938年から1946年までの第二次世界大戦中は閉鎖されたままでした。パーラーが再開された後に目撃されたエスカレーションは、387,6​​64の登録パーラーでスペクトル的でした。

この産業が日本の125,500平方キロメートルの居住可能な広がりの中でどれほど深いかを横断するために、1953年には1平方キロメートルあたり3つのパーラーが存在しました。

最終的には1999年に、パーラーの数が減少したにもかかわらず業界が変貌を遂げ、収益が急増し、日本のGDPの5.6%に貢献しました。