日本への先駆的な旅行で最初に気付くのは、いたるところにあるパチンコです。これらのクラブのネオン信号灯から、ソファでテレビを見ているときの広告まで、パチンコはいたるところにあります。

これらのカジノの首都に応じて、さまざまな層の有名人がこれらのカジノをブランド化します。そして、日本全体のスロットサイズを簡単に否定することはできません。

日本のパチンコとは?

日本全土に広がるパチンコゲームは、「パチンコス」と呼ばれるマシンで動作します。パチンコはケースに縦型の遊び場があります。ゲーマーはボールを発射しようとします。ボールはピンの森を通り抜けます。

ボールが個々のポケットに入ると、より多くのボールが取り出されます。テクノロジーにより、パチンコは最新バージョンになりました。このバージョンでは、ノブを使用してボールを発射し、ビデオ画面と多数のジャックポットの支払いで完全に機械化されています。

最初のステップは、パーラーからこれらのボールを「レンタル」し、ゲームの終了時に価格で復元することです。ボールはあなたの賞金を示唆しています。

 

なぜパチンコは中毒性があるのですか?

入居した瞬間、鍋からの煙、耳をつんざくような音、点滅するライトに遭遇します。並んで並んでいるこれらのマシンは、学校のピンボールゲームや片腕の盗賊を彷彿とさせ、それぞれが頭を壊す音楽、ビデオモンタージュ、まぶしいライトを備えています。

外の緊張した世界の現実から離れて、光、煙、音のすべての組み合わせは、たむろするのに最適な場所になります。

なぜ日本では違法ではないのですか

なぜ日本では違法ではないのですか?

米国のカジノは、直接現金獲得システムに従っており、比較的複雑ではありませんが、日本の設定では厳しく禁止されています。パチンコは、あなたが価格を請求する方法に関する法律の抜け穴を通してそれ自体を合法にします。これはあなたの価格で間接的な請求を作成します。

したがって、規制を回避します。パチンコは1920年代に誕生しましたが、第二次世界大戦後、日本のマイノリティグループがパーラーを開くようになりました。