日本で人気のある発明やその他の側面のリストには、あなたが考えているものが含まれているはずです。しかし、さらに下に行くと、ギャンブルの世界を高めた特定の名前に出くわすでしょう。はい、そうです。さらに先には、日本のギャンブル業界を存続させる1つのゲーム、つまりパチンコを目にするでしょう。それでは、先に進んで、パチンコとそのパーラーの背後にある騒ぎを理解しましょう。

目立つ十字架

パチンコは、ピンボールとスロットマシンの間に独自の関係を確立することで登場しました。この目立つ十字架は広く話題になり、彼らが話すほど、昇進は良くなりました。そのおかげで、パチンコは始めるのにそれほど時間はかからず、ゲームは時間の問題でメインシーンに突入しました。その後まもなく、パールーが誕生し、通称パチンコパーラーと呼ばれるようになりました。これらの場所は、ギャンブラーや他の種類の個人が前に出てパチンコのゲームをプレイすることを歓迎しました。

ギャンブルの法的側面

日本政府はまだギャンブル業界を合法と分類していないため、ギャンブル業界に親切ではありませんでした。はい、そうです。日本でのギャンブルは今でもタブーとして知られており、人々は遊ぶほどには行きません。しかし、パチンコは法的な抜け穴を抜けることができたので、同じことは言えません。ギャンブラーが本館の外のブースでトークンや賞品を現金と交換するように宣伝することは、その抜け穴を利用するためのいくつかの理想的な方法です。

そのおかげで、パーラーを自由に訪れて、好きなだけギャンブルをすることができます。さらに興味深いことに、東京だけでも約760のパーラーがあり、日本は全国のパーラーで年間約2,000億ドルをギャンブルに費やしていることを知っておく必要があります。これらの数字が非常に重要であると主張しているため、パチンコ業界はかつてないほど強力なままです。

パンデミックの影響

パンデミックの影響

上記の数字はギャンブルの期間について述べていますが、パンデミックの影響は考慮していません。社会的距離やその他の要件が予防の主要な要因であるため、政府はパチンコ事業者に事業を一時停止して中止するよう要請しました。憲法は、日本の当局が封鎖を実施するために他の手段を使用することを許可していないので、要求は前進する唯一の方法でした。

政府からの要請にもかかわらず、特定のパーラーは、世界的大流行の中で閉鎖を拒否し、事業を継続しました。そのため、政府は規則を順守することを拒否したこれらのパーラーに名前を付けて恥をかかせ始めました。時間の経過とともに状況は変化し、パンデミックの影響は大幅に減少しました。したがって、パーラーは閉鎖する圧力がなく、人々にサービスを提供し続けることができます。