非常に少数のケースと賭博スポーツを除いて、すべての種類のギャンブル活動が土地で禁止されていることは今や簡単です。パチンコは、この例外の傘下に入るそのような面白いゲームの1つです。日本発祥のメカニカルゲームです。アーケードゲームとギャンブルの両方の機能を使用します。それらは、世界で最も人気を博している西側諸国のスロットマシンを彷彿とさせます。

パチンコ店は全国に広がっています。スロットマシンを愛する日本人の多くは、パチンコをすることで満足しています。したがって、それらはカジノの外観にも似ています。スロットマシンと同じように、これらのパチンコ機も高度にカスタマイズ可能で、さまざまなテーマで満たすことができます。

現金とパチ​​ンコの背後にある汚いゲームプレイ

国内では現金を使ったギャンブルが禁止されているため、これらのローステークスのパチンコ店は、汚いゲームプレイと法的な抜け穴を利用して利益を得るだけでなく、プレーヤーにお金でギャンブルの楽しさを提供します。法律では、パチンコ玉は当選価格として使用されており、店内外を問わず、リアルマネーと交換することはできません。

しかし、システムによって制定された法律にもかかわらず、パチンコ店は通常、近くのブースでパチンコボールをリアルマネーと交換します。これらの特別賞品またはトークンは合法的に取引されます。法の目から隠すために、それは一般的に暗闇の中で行われます。しかし、日本人の多くは、これがプレーヤーに娯楽を提供するだけでなく、国に大きな収入源を提供する合法的な方法であると主張しています。

パチンコギャンブルによる収益

パチンコギャンブルによる収益

1994年に日本で設立されたパチンコ市場全体は3000億ドル近くの価値がありました。この設立は、日本の実質500円GDPの約5.6%に貢献しました。全国のパチンコ店もこの地域の雇用率を高め、適切な労働条件またはわずか33万人を提供し、そのうち0.52%だけが本物の日本人でした。

2015年の終わりまでに、パチンコ市場全体がギャンブルの収益を生み出し、ラスベガス、マカオ、シンガポールのカジノが獲得した収益が増えたことは驚くべきことです。これはまた、何年にもわたって、ギャンブル市場はプレーヤーの娯楽の源であるだけでなく、郡にとって貴重な収入源でもあると考えられていることを示しています。この活動はまた、国内でお金を稼ぐグループであったヤクザの使用にも浸透しました。しかし、警察や政府機関による取り締まりにより、1990年代以降、これらの悪党の力は弱まりました。

結論

日本はギャンブルの本質を理解できていませんが、それでも近年、パチンコのようなゲームが市場を席巻しており、今後数年間で多くのことが期待されています。