日本のギャンブル法は、スロットマシンを含むすべてのカジノゲームをリアルマネーでプレイすることを禁じています。しかし、法律は、ほぼ一世紀の間全国で実行されているパチンコゲームを許可しています。全国に約13,000のパチンコ店があり、日本で何兆もの収益を上げています。日本にいてパチンコスロットを試してみたいときは、お金を稼ぐためにプレーすることはできませんが、賞金をパーラーのグッズやアイテムと交換することはできます。ただし、本当にお金を稼ぐためにさらに一歩踏み出したい場合は、獲得したものを購入する準備ができている誰かと、パーラーの外で報酬をお金と交換することができます。次の手順に従って、報酬を簡単にお金と交換してください。

賞金を集める

ゲームをプレイしたり、「アタリ」と呼ばれるジャックポットを獲得したりすると、すべてのピンボールをバケツに集めることができます。ピンボールでいっぱいのバケツをカウンターに持っていくか、スタッフに電話して運んでください。バケットがいっぱいになった場合でも、さらにプレイすることを選択できます。スタッフが2つ目のバケツを提供します。 1回のバッカーは約5000円の価値があります。すべてを失う前に終了することを忘れないでください。

アイテムを選ぶ

アイテムを選ぶ

日本ではお金を賭けることは違法であるため、パチンコ店内でピンボールをリアルマネーに交換することはできません。ただし、パーラーの棚にあるアイテムを選ぶことはできます。それぞれがあなたに一定量のピンボールを要します。スタッフがピンボールの総数を数え、パーラーから商品を購入する金額をお知らせします。後で、必要に応じて質屋にアイテムを売ったり、ゲームでの勝利のお土産として持って行ったりすることができます。

トークンを取る

パチンコの報酬をお金と交換する別の方法は、パーラーからトークンを受け取ることです。ピンボールを、合法的なギャンブルの規制をかわすためのトークンと交換することができます。それはお金の報酬を交換するためにホストとギャンブラーの間に1つの余分なステップを追加します。ピンボールをカウンターに持っていき、同等の価値のトークンと交換します。

タックショップでトークンを交換する

タックショップでトークンを交換する

トークンを近くのタックショップに持っていき、トークンを円に交換してもらいます。賞金に基づいて、パーラーから複数のトークンを受け取る場合があります。一度に現金化できます。法律違反を指摘するため、スタッフはタックショップの場所を教えてくれません。フレンドリーなパチンコ奏者の助けを借りて、一般的に近くにあるタックショップを見つけることができます。時々あなたはこれらのタックショップで引き出しだけを見つけるでしょう。トークンを引き出しに入力すると、同等の金額がスキャンされて円で返されます。また、パチンコ玉は店外に持ち出せないのでご注意ください。脱出する前に、必ずすべてのピンボールを交換してください。