7 Rush Pc

ここであなたのお金をもっと稼ぐ

概観

パチンコ

パチンコは日本発のメカニカルゲームの一種で、レクリエーションアーケードゲームのほか、ギャンブルデバイスとしても多く使用されており、日本のギャンブルのニッチ市場である西洋のゲーム機に匹敵します。パチンコパーラーは日本で広く普及しており、通常は多数のスロットマシン(パチスロまたはパチスロと呼ばれます)も備えています。 したがって、これらの施設はカジノと同じように機能します。 

細部

トウキョウト, シンジュクク
ニシシンジュクシンジュクパークタワー(8カイ), 307-1293

連絡先

+8178-939-4727
info@7rush-pc.net

パチンコ産業

パチンコで勝つ

パチンコ店では、自分の球に対して直接現金を受け取ることはありません。 金属製のボールは、最初にカウンターでパーラーごとに形態が異なる何らかのトークンと交換されます。次に、通常は本館のすぐ近くの小さな小屋まで、外に散歩します。

パチンコと社会問題

90年代後半、母親たちがパチンコを演奏している間に子供たちが車の中で窒息死し、非常に有名な事例がいくつかありました。 これらの物語は多くの報道を受け、パチンコ業界は子供たちが店に入ることを禁止するように圧力をかけられました。

パチンコは時間を要求する

お金以上に、おそらくパチンコは時間を要求します。 ゲームのペースはラスベガスのスロットマシンよりもはるかに遅いですが、ペイオフがランダムに基づいているという点では、現代のパチンコマシンはラスベガスのスロットと非常によく似ています。

パチンコ店

パチンコ店は日本でゲームセンターで、購入した数よりも多くのボールを勝つために人々が運を試しに行きます。 日本への初心者は、スターダスト、パラダイスのような名前が付けられた、明るく照らされた安く建てられた建物について尋ねます。

パチンコ

パチンコ業界の大きさは?

以来、業界は継続的に減少しており、2016年には21兆6,260億円、つまり日本の2016年のGDPの4.16%を占めています。

私は長い間パチンコ店に行きたかったので、ゲームを発見するのに素晴らしい時間を過ごしました。

松清 大輝

それらを毎日プレイすることは、これまでで最もひどく、士気を失わせるもののように聞こえます。

旭 彩花

ブログの最新情報

日本のスロットマシン

日本のスロットマシン

日本人にもパチンコ店で身近なスロット。海外では、カジノゲームの代名詞的存在でもあります。近年では、オンラインカジノの台頭により、インターネット上で多種多様なオンラインスロットが遊べるようになりました。

この記事では、現在のオンラインスロットに至るまでの、スロットが歩んできた道のりをご紹介します。

西洋と日本のスロットの違い

日本のパチンコ店にずらりと並ぶパチンコは「パチンコ型スロットマシン」の略で、複数の絵柄がついた回転するリールをプレイヤーがボタンを押して止め、止まった時の絵柄の組み合わせにより当たり外れが決まるというゲームです。

カジノのスロットマシンはリールが自動で止まる完全自動型ですが、パチスロはボタンを任意のところで押して止まるタイミングを決められるという違いがあります。この点から、パチスロの方がプレイヤーの介入度が高いと言えます。

sakura fortune netent

スロットの歴史

現在のスロットの原型となるリールマシンが初めて誕生したのは、1890年代のアメリカでした。より高度に改良されたマシンはまたたく間に人気なり、当時のアメリカではどの酒場にもこのスロットマシンが置いてあったといいます。

マシンは時代とともにより精巧に、そして絵柄の組み合わせも多様になっていきましたが、スロットマシンの概念が日本に上陸したのは1964年のことです。その後、パチンコホールに設置できるようにサイズや作りが改良されました。1970年代から何度も世代更新を繰り返し、機能の向上およびテーマの多様化が図られ、今の姿となりました。

新しいスロットゲームは速いペースで作成され、登録するオンラインカジノを選択する前に、多くが無料でプレイしてテストすることができます。

店舗からオンラインへ

benoit-dare-wPXEQz40f8s from unsplash.com

国内外で人気のスロットは、現在ではオンラインでもその人気を高めています。インターネット接続環境さえあればどこにいてもカジノゲームが遊べるオンラインカジノが多く営業しており、一つのカジノに数百種〜千を超えるスロットが揃えられています。

美麗なグラフィックと本格的なBGMを備えながら千差万別のテーマで遊べるスロットは、オンラインカジノの花形と言えます。

日本のパチンコ業界の動向

日本のパチンコ業界の動向

日本にはギャンブルに対する厳格な規制がありますが、パチンコはギャンブル以上の最も人気のあるゲームの1つです。日本のギャンブル法は歪められており、ギャンブラーはレジャー活動として自由にパチンコ機を使用することができます。一方では、パチンコは危険である可能性のある人々のギャンブル精神を刺激する可能性があると感じている一方で、パチンコは国内および外国の資本への人気のある投資であると考えています。日本のギャンブラーは毎年、パチンコマシンに2,000億ドル以上を費やしています。これは、ラスベガスの年間ギャンブル収益の30倍です。驚いたことに、それは輸出自動車産業または日本の2倍の大きさであり、ニュージーランドのGDP全体を上回っています。

パチンコ産業

これらの魅力的なマシンを提供するパチンコ店は全国に約11,000あります。このゲームは、ピンボールとスロットゲームを組み合わせたもので、プレイヤーはマシンにパチンコボールを発射して賞品を獲得します。これらの機械は書店の裏にあり、常に機械の周りに群衆を見つけるでしょう。

このギャンブルのひねりは、パチンコ機が実際のお金を提供しないことです。代わりに、あなたが獲得した価値に相当するものを店から買うことができます。すべてのパチンコ店には、独自のマークされたパチンコ玉があります。ストアからボールを​​取り出すことはできず、ストアからアイテムを購入する必要があります。後で、近くであなたがお金のためにあなたからアイテムを購入するいくつかの店を見つけることができます。この方法では、パチンコ店から直接お金を受け取るのではなく、法律に違反しない交換手段を通じてお金を受け取ります。それは日本政府によく知られている賢い賭け方ですが、驚くべきことに彼らは行動を起こしません。

この現金交換は、以前は日本のヤクザマフィアの管理下にありました。しかし、今日ははるかに個人的で、パーラーのオーナー自身が運営しています。

 

パチンコの未来

パチンコ店の数は、過去10年間で減少に直面しました。 2010年に比べて、日本に残っているパチンコ機の総数は3分の1にすぎません。パチンコ店は、市場の急速な老朽化に伴い、特別オファーで新しい観客を引き付けようとしています。

新しい法律が導入され、各マシンの最大ペイアウトを以前のペイアウトの3分の1に削減することにより、プレーヤーのギャンブルの強制力を制限しています。つまり、プレーヤーは4時間のセッションで限定$ 500しか獲得できません。

カジノの禁止は、日本の3つの異なる地域での3つの新しいカジノリゾートの作成によっても解除されました。このステップは、日本の観光を促進すると同時に、3つだけのカジノへのギャンブルを制御することです。これらのカジノに入るには、地元民が最大6000円の追加税を支払う必要があります。彼らはまた、彼らのエントリを週に3回だけに制限するIDカードを持っています。

連絡先

メッセージを送る

訪問

トウキョウト, シンジュクク 
ニシシンジュクシンジュクパークタワー(8カイ), 307-1293

連絡する

+8178-939-4727
 info@7rush-pc.net