7 Rush Pc

ここであなたのお金をもっと稼ぐ

概観

パチンコ

パチンコは日本発のメカニカルゲームの一種で、レクリエーションアーケードゲームのほか、ギャンブルデバイスとしても多く使用されており、日本のギャンブルのニッチ市場である西洋のゲーム機に匹敵します。パチンコパーラーは日本で広く普及しており、通常は多数のスロットマシン(パチスロまたはパチスロと呼ばれます)も備えています。 したがって、これらの施設はカジノと同じように機能します。 

細部

トウキョウト, シンジュクク
ニシシンジュクシンジュクパークタワー(8カイ), 307-1293

連絡先

+8178-939-4727
info@7rush-pc.net

パチンコ産業

パチンコで勝つ

パチンコ店では、自分の球に対して直接現金を受け取ることはありません。 金属製のボールは、最初にカウンターでパーラーごとに形態が異なる何らかのトークンと交換されます。次に、通常は本館のすぐ近くの小さな小屋まで、外に散歩します。

パチンコと社会問題

90年代後半、母親たちがパチンコを演奏している間に子供たちが車の中で窒息死し、非常に有名な事例がいくつかありました。 これらの物語は多くの報道を受け、パチンコ業界は子供たちが店に入ることを禁止するように圧力をかけられました。

パチンコは時間を要求する

お金以上に、おそらくパチンコは時間を要求します。 ゲームのペースはラスベガスのスロットマシンよりもはるかに遅いですが、ペイオフがランダムに基づいているという点では、現代のパチンコマシンはラスベガスのスロットと非常によく似ています。

パチンコ店

パチンコ店は日本でゲームセンターで、購入した数よりも多くのボールを勝つために人々が運を試しに行きます。 日本への初心者は、スターダスト、パラダイスのような名前が付けられた、明るく照らされた安く建てられた建物について尋ねます。

パチンコ

パチンコ業界の大きさは?

以来、業界は継続的に減少しており、2016年には21兆6,260億円、つまり日本の2016年のGDPの4.16%を占めています。

私は長い間パチンコ店に行きたかったので、ゲームを発見するのに素晴らしい時間を過ごしました。

松清 大輝

それらを毎日プレイすることは、これまでで最もひどく、士気を失わせるもののように聞こえます。

旭 彩花

ブログの最新情報

パチンコのゲームを理解する

パチンコのゲームを理解する

日本のギャンブル業界は、政府や業界からさまざまな変化がもたらされ、別の道を歩んでいます。限られたオプションのセットで、開発者は物事を自分のやり方で進め、群衆を彼らの側に向けることができました。しかし、広告や支援を必要としない特定の分野が1つあります。その特定の領域はパチンコのゲームであり、私たちはそれが提供しなければならないすべてをさらに探求します。

前書き

人気の面では、日本のギャンブラーが垂直ピンボールマシンに約2,000億ドルを費やして以来、パチンコはすでに大ヒットしています。スロットマシンとの類似点から、このゲームはギャンブルをするためにここに来る観光客の心にも関心を呼んでいます。そのため、パチンコは紹介が不要で、名前だけで知っておくべきことをすべて教えてくれます。

日本のギャンブル業界は合法的な業界とは言えませんが、パチンコにはいくつかの例外があります。全国にパチンコ店があり、合法的なグレースペースで営業しています。この特別なスペースは全国に広がり、プレイヤーが好きなゲームをプレイできる約10,600のパチンコ店があります。

パチンコゲーム

ゲーム

カラフルな列と点滅するマシンは、パチンコのゲームで際立っている2つの側面です。基本的な目的は、シルバーのボールベアリングを中央のスコアリングホールに落とすことです。しかし、勝ちたいのなら、できるだけ落とそうとする必要があります。ボールがマシンにどのように発射されるかを制御する単一のホイールを回すことにより、正しい方向にボールを落とすことができます。これらの簡単な規則や規制のおかげで、人々は常に自分の運を試し、それができるかどうかを認めることに興奮しています。

あなたが穴に落とすボールの数はあなたのポイントをさらに決定し、それはカウンターで引き換えることができます。これらのポイントをギフトと交換するか、同じものを変換して現金に変えるかを選択できます。前進することはあなたが下した決定に基づいているので、あなたは同じことを考える必要があります。

新しい法律

パチンコのサクセスストーリーはしばらく続くかもしれませんが、永遠に分類することはできません。依存症やその他の関連する問題が表面化する中、政府は各マシンが提供できる最大の支払いを削減しようとする新しい法律を導入しました。これらの法律のおかげで、パチンコ店の数のわずかな減少がはっきりと見えます。さらに、日本政府はギャンブルの禁止を撤廃し、それが提供するさまざまな種類のゲームの機会を促進する可能性さえあります。

したがって、それはパチンコのゲームに対する私たちの見解でした。

日本のパチンコについて知っておくべきこと

日本のパチンコについて知っておくべきこと

日本への先駆的な旅行で最初に気付くのは、いたるところにあるパチンコです。これらのクラブのネオン信号灯から、ソファでテレビを見ているときの広告まで、パチンコはいたるところにあります。

これらのカジノの首都に応じて、さまざまな層の有名人がこれらのカジノをブランド化します。そして、日本全体のスロットサイズを簡単に否定することはできません。

日本のパチンコとは?

日本全土に広がるパチンコゲームは、「パチンコス」と呼ばれるマシンで動作します。パチンコはケースに縦型の遊び場があります。ゲーマーはボールを発射しようとします。ボールはピンの森を通り抜けます。

ボールが個々のポケットに入ると、より多くのボールが取り出されます。テクノロジーにより、パチンコは最新バージョンになりました。このバージョンでは、ノブを使用してボールを発射し、ビデオ画面と多数のジャックポットの支払いで完全に機械化されています。

最初のステップは、パーラーからこれらのボールを「レンタル」し、ゲームの終了時に価格で復元することです。ボールはあなたの賞金を示唆しています。

 

なぜパチンコは中毒性があるのですか?

入居した瞬間、鍋からの煙、耳をつんざくような音、点滅するライトに遭遇します。並んで並んでいるこれらのマシンは、学校のピンボールゲームや片腕の盗賊を彷彿とさせ、それぞれが頭を壊す音楽、ビデオモンタージュ、まぶしいライトを備えています。

外の緊張した世界の現実から離れて、光、煙、音のすべての組み合わせは、たむろするのに最適な場所になります。

なぜ日本では違法ではないのですか

なぜ日本では違法ではないのですか?

米国のカジノは、直接現金獲得システムに従っており、比較的複雑ではありませんが、日本の設定では厳しく禁止されています。パチンコは、あなたが価格を請求する方法に関する法律の抜け穴を通してそれ自体を合法にします。これはあなたの価格で間接的な請求を作成します。

したがって、規制を回避します。パチンコは1920年代に誕生しましたが、第二次世界大戦後、日本のマイノリティグループがパーラーを開くようになりました。

パチンコ店に来る前に覚えておくべきこと

パチンコ店に来る前に覚えておくべきこと

事前に旅程に追加することを検討する前に、パチンコ機のことを聞いたことがあるはずです。日本最大のゲーム文化の1つであり、毎年300兆を超える収益を上げています。地元の人々の間でこのゲームへの熱狂が広まっており、今ではそのキャッチーな広告で観光客を魅了しています。日本を訪れていて、夜にパチンコゲームを試す予定がある場合は、事前に知っておくべきことがあります。

子供をパーラーに連れて行かないでください

パチンコ店はカジノと同じくらい快適です。ゲームはあなたのすべての注意を引くのに十分面白いです。あなたは本当に簡単に中毒になる可能性があり、それはあなたの子供からあなたの注意をそらすでしょう。また、空き時間帯は混雑することがあり、部屋の中で煙草を吸うことがよくあります。私たちが言及したすべてが子供にとって安全ではありません。あなたの子供をリゾートまたは彼らが安全であることができるどこかに保つための良い方法を見つけてください。

ピンボールを外に持ち出さないでください

ピンボールを外に持ち出さないでください

パチンコボールを持ち帰ることはできません。パーラーのスタッフはそれを許可しません。すべてのパチンコ店には独自のカスタマイズされたパチンコボールがあり、他のパチンコでは機能しません。そのため、ゲームを終了した場合でも、パーラーですべてのピンボールを賞品と交換する必要があります。パチンコピンボールも1日で賞味期限が切れます。ただし、お土産としてピンボールを1つ持っていくようにパーラーのオーナーに依頼することはできますが、許可される場合があります。

飲酒は禁止されています

パチンコ店は、日本のギャンブル法の法規制の下で管理されています。ギャンブル法の下では、敷地内での飲酒を許可するパチンコ店は法律に違反します。地下のギャングが運営するパチンコ店は、アルコールを入れる可能性のあるものはごくわずかです。賞金を祝いたい場合は、休憩してパーラーを出て近くのバーを見つけることができます。

他人を観戦しないでください

日本では、他人のゲームを見ることは失礼と見なされます。好きなだけゲームをプレイし、退屈したら立ち去るのが良いでしょう。他のプレイヤーの後ろに立って彼らのゲームを見ることはできません。プレイヤーがそれを気に入らない場合、あなたは失礼で不適切であると報告される可能性があります。ゲームのプレイ中に叫ぶと、他のプレイヤーの気を散らす可能性があり、そのことについて報告を受けることができます。

持ち物に注意してください

私たちが言ったように、パチンコ機は本当に中毒性があり、あなたはあなたの周りで何が起こっているのかを忘れるでしょう。日本を一人で旅行する場合は、持ち物に注意してください。パチンコ店は混雑しており、注意を怠ると物を失う可能性があります。

パチンコ機について知っておくべきこと

パチンコ機について知っておくべきこと

日本は、国民のゲームへの愛情と政府によるギャンブル依存症の管理の試みにより、非常に複雑なギャンブル文化を持っています。日本を訪れると、どの市場でもパチンコ店があります。派手なボードとパチンコ機の音が内側から聞こえてくるので、簡単に見つけることができます。彼らは、コマーシャルで主演する世界的に有名な俳優と一緒にテレビで新しいゲームの広告さえ持っています。これらすべてのことは、日本のパチンコ文化が単なるゲーム以上のものであることを私たちに教えてくれるだけです。あなたが日本にいるとき、あなたはそれがなぜそのような中毒性のゲームであるか、そしてなぜ法律がまだそれについて寛大であるかを学ぶためにパチンコゲームの1つを試してみなければなりません。

パチンコとは

パチンコは多くの点でスロットマシンに似ているが、それでも異なっており、日本で独自に発明されたゲームです。透明な直方体で囲まれた障害物の垂直プレイフィールドがあります。プレーヤーは、フロップを使用してマシンにボールを発射します。次に、ボールは障害物を通過してランダムなポケットに落ちます。すべてのポケットには、プレイヤーが勝つかどうかを決定する機能があります。プレーヤーが勝った場合、プレーヤーがバケツに集めることができる一定量のボールがマシンからディスペンスされます。

なぜ合法なのですか

なぜ合法なのですか?

パチンコは1920年代に最初に発売されたとき、ギャンブルゲームとして紹介されていませんでした。日本各地にオープンしたゲームパーラーで子供たちがビジネスを構築するためのゲームでした。パチンコ店の大部分は、日本に住む韓国人が所有しています。日本の少数派が経済を再建するためにゲームパーラーを開くことを決定したのは、第一次世界大戦後の危機の最中だった。今日でも、パチンコは同じ観点からゲームと見なされています。しかし、プレーヤーは、自分の利益のためにパチンコ機を使用するためのギャンブル法の抜け穴をいくつか見つけました。彼らが合法的にゲームをプレイし、賞金を何かと交換できるようになると、彼らはパーラーに着くことができます。その後、彼らはその物を地元のベンダーにお金で売ることができます。日本のギャンブル法が見逃さざるを得ないのは、ギャンブルの間接取引です。

日本のパチンコの未来

パチンコは大きな産業と全国的な顧客基盤を持っています。日本には12,500以上のパチンコ店があります。一部のパーラーには、無料でプレイできるスロットマシンもあります。これらのマシンを合わせると、合法的なカジノギャンブルで世界の他の地域が得た総利益と比較して4倍の利益を上げることができます。パチンコは毎年平均30兆円の利益を上げています。日本は最近、日本でのパチンコ活動を合法化するための新しい法律を可決しました。パチンコが提供できる高い利益のために、法律はそれが経済をさらに発展させるためにもたらすことができる機会を検討しています。

日本のパチンコについて知っておくべきこと

日本のパチンコについて知っておくべきこと

パチンコの面白いゲームは、常に記録を破り、ギャンブラーを同じ屋根の下に連れてくることができました。彼らの興奮ははっきりと見え、多くのパーラーがホストとして登場しました。そのおかげで、パチンコはそれだけの価値のあるゲームであることがわかりました。しかし、ゲームとそれを中心に展開する多くの側面についてまだ手がかりがない人がいます。事実を知るために、パチンコについて知っておくべきことのリストを以下に示します。

パチンコとは?

簡単に言えば、パチンコは全国のパーラーにある機械を指します。これらのパーラーをラスベガスのカジノと比較することはできませんが、それでも最高のインパクトを示しています。垂直のプレイフィールドを備えたパチンコ機では、プレーヤーがボールをマシンに発射し、後でピンの森を跳ね返ることができます。ボールが特定のポケットに入った場合、追加のボールの支払いがトリガーされます。最近のマシンは異なる方法で動作する傾向がありますが、類似点はすぐそこにあります。

それは合法ですか

それは合法ですか?

ギャンブルを違法と分類している国は、パチンコが合法的に運営されているため、パチンコだけを良い立場に置いています。賞品に関連する特定の抜け穴に基づいて、パチンコは群衆から際立っており、本質的に合法的な形式です。しかし、パチンコがマフィアとスペースを共有する瞬間があったので、そのような変化は最近のものでした。そのため、システムがマフィアを追い出すまで、それは一般的にタブーとして分類されていました。その結果、日本のどのパーラーでもパチンコを楽しむことができます。

それは中毒性がありますか?

ゲームは座って長時間同じようにプレイすることを余儀なくされる機能への扉を開く傾向があるため、プレイヤーはパチンコに対する中毒の兆候を示しています。そのため、政府はこの問題を回避するために介入し、何かをしなければなりませんでした。幸いなことに、支払いを制限することで大部分が機能したため、彼らの解決策は成功しました。プレイヤーは限界に直面し、そのおかげで、何時間も一緒にパーラーに座るのを避けました。

日本のパチンコの未来はどうですか

日本のパチンコの未来はどうですか?

パチンコ体験は発展途上であり、今後もきっと同じように見えるでしょう。昔ながらのゲーム方法のイメージから離れて、パーラーは家族向けのアプローチを歓迎するに違いありません。そのため、将来的には、ギャンブル体験や現代のパチンコ体験を楽しむ準備ができている幸せな家族に出会うかもしれません。これらすべてが手元にあるので、待つべきことがたくさんあり、あなたは辛抱強くなる必要があります。

パチンコに対するCOVID-19の影響

パチンコに対するCOVID-19の影響

パチンコ店を散歩すると、機械から響き渡る派手な光と鳴り響く叫び声に魅了されます。パチンコ業界は子供の頃から日本人の心に刻まれており、今では彼らのライフスタイルの一部となっています。

ボールが常にバケツに落ちる光景は、プレイヤーに満足感を与えました。しかし、連勝は純粋にレディラックの好色なキスに基づいていました。しかし、誰もそのように感じませんでした。

懐かしさを呼び起こすパチンコ店にスーパーヒーローが登場したことで、プレイヤーはゲームに夢中になりました。パチンコ店は、毎日プレーヤーを歓迎することに大打撃を受けており、それによってデパートに行くようなクォーティディアンの仕事にそれを覆い隠しています。

信憑性は、ゲームの成功である執着を打ち砕く闘争にあります。しかし、この不吉なパンデミックの到来により多くの業界がむち打ちをしているにもかかわらず、パチンコ店は信頼できる顧客の天国であり続けています。

Covid-19

Covid-19の効果

4月7日、日本政府は、ウイルスの拡散を抑制するために、パチンコ店を含むすべての重要でないサービスを一時的に停止することを求める国家緊急事態を発表しました。

ほとんどのパチンコ店は命令を順守しましたが、公に宣言を汚して開いたままにした人もいました。これにより、厳格な法的措置が講じられていないため、政府は名前と恥の戦術に従うようになりました。

しかし、観察された結果はアマルガムでした。たとえば、大阪では、パーラーが恥ずかしがらずに開いたままであると公に名付けられたとき、町の外からプレーヤーを引き付けていました。

同時に、主に小規模なパーラーによる不遵守の理由は、彼らの生計を維持することに基づいていました。

これは最終的に安倍晋三首相に47都道府県のうち39都道府県の非常事態宣言を解除するよう促し、その後全国的な再開に進んだ。

ここで彼は、パンデミックに取り組む際の日本のモデルの堅固な性質に焦点を合わせました。しかし、この再開は、日本の第二波の不安を巻き起こしました。

ニューノーマル

日本の帰国への熱意が新しい常態に踏み出すことで、事業の段階的な再開とともに、自立のモットーを掲げています。

同時に、非常事態宣言の際には、パチンコ店も閉鎖を要請され、遵守した者には政府の補償が約束された。

東京でのこの保証にもかかわらず、780以上のパーラーが開いたままで、東京のダイアモンドパチンコとスロットの外に100人近くが列を作っています。これは、一流のマシンを手に入れることを見越して、午前11時に予定されている開店前に目撃されました。

この新しい常態により、パチンコ店は、指定された場所を除いて、強制的なフェイスマスクや喫煙の禁止などの予防措置を強力に実施するようになりました。最も重要なのは、機械や洗面所で定期的に行われる消毒であり、厳格な社会的距離があります。

パチンコの歴史

パチンコの歴史

エキゾチックな日本に足を踏み入れたことがないなら、パチンコはあなたにとって新たな言葉になるでしょう。しかし、あなたがその強制的な日本訪問に着手したとしましょう。

その場合、この言葉はあなたの頭の中で共鳴し、菓子屋のゲームから日本の巨大産業への進化の謎の代名詞であり、何億もの大人を魅了します。

同時に、パチンコ業界は年間2,000億ドルの収益を上げています。驚いた事実は、この数がラスベガスとマカオで毎年一緒に費やされた30倍以上に達するということです。

パチンコ店の唯一の存在は日本にあり、彼らのライフスタイルと文化の精神に食い込んでいます。これはGDPにも反映されており、4%がパチンコ店で構成されています。

しかし、ここでの適切な質問は、この90年の歴史を持つこの産業が日本だけでどうやって急成長するのかということです。これは、時代の変化に合わせて洗練され、最終的には日本文化の重要な側面であるという地位にまで高められた外国のゲームの秘話です。

パチンコとは?

パチンコ機は複雑なピンボールゲームで、遠くからその音が聞こえてきます。コンセプトは楽なもので、ボードにボールを投げる必要があり、ピンにぶつかると弾道が変わります。

ここでの決定要因は、ボールに加える力であり、目的は特定の報酬スポットに到達することです。

時代の変化とともに、パチンコは木製のゲームから金属製のボールとピンの展開に移行しました。現在、パチンコ機は統合されたゲームの活気を持っています。

シカゴから名古屋への旅

シカゴから名古屋への旅

1924年、コリントのバガテルゲームはシカゴから日本のエキゾチックな広がりに輸入されました。間もなく、このゲームは菓子店に受け入れられました。ここでは、子供たちがこのゲームをプレイし、報酬としてお気に入りのキャンディーのロックを解除しているのが見つかりました。

同時に、このゲームは、ゲームにふけるときに鳴る音の代名詞であるため、パチパチと呼ばれていました。

しかし、1930年に名古屋で最初のパチンコ店の記念碑的な瞬間が目撃されました。それ以来、日本は急成長する産業の証を持ち、最終的には1936年にその市場で驚異的なブームを目の当たりにしました。

このブームにより、6か月足らずで35のパーラーが誕生しました。しかし、これらのパーラーは、1938年から1946年までの第二次世界大戦中は閉鎖されたままでした。パーラーが再開された後に目撃されたエスカレーションは、387,6​​64の登録パーラーでスペクトル的でした。

この産業が日本の125,500平方キロメートルの居住可能な広がりの中でどれほど深いかを横断するために、1953年には1平方キロメートルあたり3つのパーラーが存在しました。

最終的には1999年に、パーラーの数が減少したにもかかわらず業界が変貌を遂げ、収益が急増し、日本のGDPの5.6%に貢献しました。

日本のパチンコギャンブル市場

日本のパチンコギャンブル市場

若い頃にピンボールゲームをしたことがあるなら、パチンコ機がどのように見えるか想像できるでしょう。それは西の有名なスロットマシンと古典的なピンボールマシンの融合です。

ゲームの説明

パチンコは、ゲームを実行するための主な娯楽の源として、小さなボールを利用するゲームです。これらの鋼球は、通常、プレーヤーがパーラーに足を踏み入れると、プレーヤーにレンタルされます。これらのボールはより大きく、より魅力的であり、賭けや賞品のシンボルでもあります。

ゲームの説明

スプリングハンドルを押して放した後、プレーヤーは最初に1つまたは複数のボールをマシンにロードします。これらのスプリングハンドルは、ボールを金属ラックに発射するパッド入りハンマーに取り付けられています。

金属製のトラックがボールを競技場に導きます。ボールが失われるのは瞬間ですが、最も近いトップに落ちます。現代のパチンコ機の中には、ボールがプラットフォームに到達するとボールを跳ね返すバンパーで構成されているものもありますが、他の従来のマシンでは、プレーヤーがボールを手で選ぶ必要があります。

ゲームプレイ

ボールが競技場に入るとき、それらは通常、フィールド内のさまざまな真ちゅう製のピンを伴います。これらの真ちゅう製のピンは、ボールが落ちるカップを保持します。これらのカップも穴で構成されており、ボールをマシンの内部または出口に導きます。
ボールは通常、ボールの勢いの助けを借りて、あるピンから別のピンに跳ね返り、文字通りフィールドを横切って落下します。 1960年代に発明されたパチンコ機の多くは、チューリップキャッチャーで構成されています。これらのキャッチャーは、一般的にキャッチャーの幅を広げる小さなフリッパーで構成されています。

これらのチューリップキャッチャーは、通常、ランダムに開くか、慣れている固定パターンで開くマシンによって制御されます。熟練したパチンコ奏者は、通常、あなたのパターンと衝動を研究して、適切なタイミングでボールをつかむタイミングを調べます。

ゲームの主な目的は、できるだけ多くのボールをつかむことです。これらのボールは、後で近くの駅で賞品やトークンと交換されます。プレイヤーが彼らをお金に変換することを望んでいる場合(彼らは一般的にそうします)、パチンコ屋台またはブースは、これらのマシンのセットアップからさらに離れて、あなたのために仕事をする状況です、

レクリエーションパチンコ

レクリエーションパチンコ

日本のビデオアーケードを歩き回ると、古くから展示されている日本のパチンコに出くわすのが一般的です。多くの場合、特定の量のゲームプレイに制限されており、法律や政府機関から法的な許可を得ている施設でも使用されています。

国内の倹約的なギャンブルの多くは、郡内のさまざまな店舗にある機械の感触を得るために最小限の金額を費やしています。それぞれが異なりますが、それらはすべて同じ量と興奮を提供します。

パチンコについて知っておくべきことすべて

パチンコについて知っておくべきことすべて

非常に少数のケースと賭博スポーツを除いて、すべての種類のギャンブル活動が土地で禁止されていることは今や簡単です。パチンコは、この例外の傘下に入るそのような面白いゲームの1つです。日本発祥のメカニカルゲームです。アーケードゲームとギャンブルの両方の機能を使用します。それらは、世界で最も人気を博している西側諸国のスロットマシンを彷彿とさせます。

パチンコ店は全国に広がっています。スロットマシンを愛する日本人の多くは、パチンコをすることで満足しています。したがって、それらはカジノの外観にも似ています。スロットマシンと同じように、これらのパチンコ機も高度にカスタマイズ可能で、さまざまなテーマで満たすことができます。

現金とパチ​​ンコの背後にある汚いゲームプレイ

国内では現金を使ったギャンブルが禁止されているため、これらのローステークスのパチンコ店は、汚いゲームプレイと法的な抜け穴を利用して利益を得るだけでなく、プレーヤーにお金でギャンブルの楽しさを提供します。法律では、パチンコ玉は当選価格として使用されており、店内外を問わず、リアルマネーと交換することはできません。

しかし、システムによって制定された法律にもかかわらず、パチンコ店は通常、近くのブースでパチンコボールをリアルマネーと交換します。これらの特別賞品またはトークンは合法的に取引されます。法の目から隠すために、それは一般的に暗闇の中で行われます。しかし、日本人の多くは、これがプレーヤーに娯楽を提供するだけでなく、国に大きな収入源を提供する合法的な方法であると主張しています。

パチンコギャンブルによる収益

パチンコギャンブルによる収益

1994年に日本で設立されたパチンコ市場全体は3000億ドル近くの価値がありました。この設立は、日本の実質500円GDPの約5.6%に貢献しました。全国のパチンコ店もこの地域の雇用率を高め、適切な労働条件またはわずか33万人を提供し、そのうち0.52%だけが本物の日本人でした。

2015年の終わりまでに、パチンコ市場全体がギャンブルの収益を生み出し、ラスベガス、マカオ、シンガポールのカジノが獲得した収益が増えたことは驚くべきことです。これはまた、何年にもわたって、ギャンブル市場はプレーヤーの娯楽の源であるだけでなく、郡にとって貴重な収入源でもあると考えられていることを示しています。この活動はまた、国内でお金を稼ぐグループであったヤクザの使用にも浸透しました。しかし、警察や政府機関による取り締まりにより、1990年代以降、これらの悪党の力は弱まりました。

結論

日本はギャンブルの本質を理解できていませんが、それでも近年、パチンコのようなゲームが市場を席巻しており、今後数年間で多くのことが期待されています。

日本のパチンコ店への洞察

日本のパチンコ店への洞察

日本で人気のある発明やその他の側面のリストには、あなたが考えているものが含まれているはずです。しかし、さらに下に行くと、ギャンブルの世界を高めた特定の名前に出くわすでしょう。はい、そうです。さらに先には、日本のギャンブル業界を存続させる1つのゲーム、つまりパチンコを目にするでしょう。それでは、先に進んで、パチンコとそのパーラーの背後にある騒ぎを理解しましょう。

目立つ十字架

パチンコは、ピンボールとスロットマシンの間に独自の関係を確立することで登場しました。この目立つ十字架は広く話題になり、彼らが話すほど、昇進は良くなりました。そのおかげで、パチンコは始めるのにそれほど時間はかからず、ゲームは時間の問題でメインシーンに突入しました。その後まもなく、パールーが誕生し、通称パチンコパーラーと呼ばれるようになりました。これらの場所は、ギャンブラーや他の種類の個人が前に出てパチンコのゲームをプレイすることを歓迎しました。

ギャンブルの法的側面

日本政府はまだギャンブル業界を合法と分類していないため、ギャンブル業界に親切ではありませんでした。はい、そうです。日本でのギャンブルは今でもタブーとして知られており、人々は遊ぶほどには行きません。しかし、パチンコは法的な抜け穴を抜けることができたので、同じことは言えません。ギャンブラーが本館の外のブースでトークンや賞品を現金と交換するように宣伝することは、その抜け穴を利用するためのいくつかの理想的な方法です。

そのおかげで、パーラーを自由に訪れて、好きなだけギャンブルをすることができます。さらに興味深いことに、東京だけでも約760のパーラーがあり、日本は全国のパーラーで年間約2,000億ドルをギャンブルに費やしていることを知っておく必要があります。これらの数字が非常に重要であると主張しているため、パチンコ業界はかつてないほど強力なままです。

パンデミックの影響

パンデミックの影響

上記の数字はギャンブルの期間について述べていますが、パンデミックの影響は考慮していません。社会的距離やその他の要件が予防の主要な要因であるため、政府はパチンコ事業者に事業を一時停止して中止するよう要請しました。憲法は、日本の当局が封鎖を実施するために他の手段を使用することを許可していないので、要求は前進する唯一の方法でした。

政府からの要請にもかかわらず、特定のパーラーは、世界的大流行の中で閉鎖を拒否し、事業を継続しました。そのため、政府は規則を順守することを拒否したこれらのパーラーに名前を付けて恥をかかせ始めました。時間の経過とともに状況は変化し、パンデミックの影響は大幅に減少しました。したがって、パーラーは閉鎖する圧力がなく、人々にサービスを提供し続けることができます。

連絡先

メッセージを送る

訪問

トウキョウト, シンジュクク 
ニシシンジュクシンジュクパークタワー(8カイ), 307-1293

連絡する

+8178-939-4727
 info@7rush-pc.net